スポンサーサイト
2011.03.07 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
レイアウト変更
2011.01.15 Saturday 23:07
 前回書いた通り、黄金比にならってセッティング開始(・w・)
コメントでアドバイスを頂けたので助かりました!
左側のテープが1:1.6の中心、右側のテープが樹をセッティングする位置。
(だいぶ斜めになっていた)

水草はほとんど抜いて保留中。
・アマゾンソード
・オーストラリアンノチドメ
・Ech.アルゼンチン(インボイス)
・ロタラsp.ワイナード
・ウォーターバコパ
・アフリカンチェーンソード
・アヌビアス バルテリー

写っているのは
・グロッソスティグマ
・ボルビティス ヒュディロティ
・ミクソリウム プテロプス
・ミリオフィラム エラチノイデス

バコパとアマゾンソードはどうするか・・・。
赤系の水草もまだないので植える場所でも迷いそう。

左側も石組みして、樹の下にも少し石を入れたいがいい石があるかどうか。
右側のソイルを押さえるための大きな石にも違和感。既にだいぶ全面に流れている。
左側もソイルが流れ出てるが、抑えるとなると前と同じ構図に。
そして石組みもまた難解なのでした。
| えびすけ | アクア | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2011.03.07 Monday 23:07
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2011/01/19 12:16 AM posted by: アクアでまったり@管理人
さっそく変更したんですね(・∀・)
悩んでいらっしゃるようなので前回に続き偉そうにアドバイスしてみますw

まず、石の置き方について。
大きい石や木はレイアウトにおいて目を引く存在であることを意識するといいと思います。
現状は右側のソイルを押さえるために一番右手前に一番大きい石を置かれていますね。
前回比べて流木が際立ってきたんですが、現状では石にも目がいってしまいます。
コンセプトに従えば「樹」が一番目立ってほしいはずですね。
なので隣の石と位置を交換(流木側に近づける)だけで印象は変わると思います。
さらに言えば樹の根を見せたいという考えからと私は理解したんですが、
石に比べて流木の周りの石は小さく樹が貧弱な印象を受けました。

また、これは細かいコツなんですが、石は単体で置くのではなくそれより小さい石とセットで考えるといいです。
というのも、単体の石だけだと地面→石への繋がりが急になりがちだからです。
平たい部分があったり、見る方向によっては緩やかな斜面になっているものならいいんですが今置いてあるような石は地面と石の面の角度差が垂直に近いですね。そのため流れがここで止まっています。
流れが止まる≠視点が止まるということです。レイアウトでは目立たせたいところで意図的に視点を止めることで構図が分かりやすくなります。
さらに言えば「止めたいところ以外では止めない」ということです。これは石に限らず、流木や水草の植栽のときも同じです。

個人的には流木を足して樹をもう一回り太く大きくしてもいいと思いますが、現状の素材ならば樹とその周りの水草一体としてボリュームを考えるといいと思います。
具体的に言えば樹のすぐ後ろにボリュームが取れるアマゾンソード、その後ろにウォーターバコパ、樹の横にバルテリー、根付近にチェーンソード、アルゼンチン、ノチドメでしょうか。ミクロソリウムとボルビもボリューム稼ぎとしてうまく使いたいですね。

左側については右側と対比させるならば極端にならない程度に弱い印象にしたいですね。
細かい葉(ミリオ)や小さい葉(ワイナード)を使うといい思います。
バランス次第ですが、左側は高さも右より抑えたほうがいいかもしれません。

最後にソイルの流れ出しについて、どれくらいの傾斜がほしいのか分かりませんが石の後ろは石の手前より高くなければならないということはありません。
こうしないといけないのはヘヤーグラスやグロッソ単植などの背丈が低い水草のみで構成する場合くらいだと思います。
今回は最悪地面の高さが石の手前と後ろで同じなってしまっても例えば後ろがチェーンソードやアルゼンチンであれば姿が見えるはずなのであまり問題ないと思います。
ちなみに流れ出さないようにするには大小の石を隙間が空かないように埋めこむように配置して、さらに土留めの役割にもなるように石と石の間にヘヤーグラスなどの前景草を植えるのが一般的です。

以上、参考になれば( ´∀`)
2011/01/20 9:24 PM posted by: えびすけ
またまたアドバイスありがとうございます!
さっそく参考にして実践してみましたので、読んでいただければ幸いです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://ebituma.jugem.jp/trackback/4
Counter
カウンター
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Shoplinks
BlogPeople
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Ranking


にほんブログ村 観賞魚ブログへ

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM